ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖は「JFA shop」で発売

『KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~』


  ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

時の流れに伴い、ガンバ大阪 2017 シーズンに向けた新ユニフォームも登場した。次は、ガンバ大阪2017ユニフォームを詳しく説明する。

今季のホーム 半袖 ユニフォームは、チームカラーである青と黒を用いた伝統のストライプをベースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用。

ピンストライプで表現したアクセントカラー“テックブルー”には、その輝きを失わない強い意志と願いが込められる。

テーマがすごく明確なデザインで、ガンバ大阪を応援するファンたちはどう思う?

GAMBA

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

ガンバ大阪2016新ユニフォーム!スタジアムのイメージはポイント!

ガンバ大阪ユニフォーム2016は発表しました。今回の新ユニフォームのコンセプトは「大阪を胸に」、最も特別なデザインは吹田スタジアムの落成を記念するために、透かして全面と背中に入っています。ユニフォームの基調は主にブルーで、相変わらず穏やかで落ち着く気持ちを伝えます。

アウェイは白基調に青と黒のピンストライプ模様、こちらはホームタウンの北摂地区7市(吹田・茨木・高槻・豊中・摂津・池田・箕面)の航空写真が透かしで入れられました。ゴールキーパーモデルは赤、黒、黄色の3色。ACLモデルはホームが黒基調、アウェイが白基調で共にクラブロゴ下に日の丸が配置されています。

Jリーグ各クラブのユニフォームを探すなら→サッカーユニフォーム「JFA Shop」

ガンバ大阪ユニフォーム 2016