サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖は「JFA shop」で通販中

サンフレッチェ広島F.C

  • 本拠地:広島広域公園陸上競技場
  • 所属:J1リーグ
  • 設立:1992年

サンフレッチェ広島F.Cは、広島県広島市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。呼称は「サンフレッチェ広島」である。

今日はサンフレッチェ広島 2017 ホーム ユニフォームを紹介する。

2017年(平成29年)なので、もちろん、今年はサンフレッチェ広島クラブの設立の25周年の記念を迎え~

HIROSHIMA

◆広島の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、ホームは前身である名門マツダSC(旧広島東洋工業サッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザイン。

◆ストライプの線の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを表現。遠近によってグラデーションの見え方が異なるという特徴的なグラフィックとなっている。

以上。

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

Jリーグのサンフレッチェ広島森保一監督

Jリーグのサンフレッチェ広島を率いる森保一監督は、指揮官として就任する四年間で、サンフレッチェ広島はJリーグを3度制覇している。

森保一は、日本元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。出身地は長崎県長崎市。長崎日本大学高等学校で卒業した。元日本代表。

高校時代に試合に出ていたころ、公式記録などで「森 保一」とたびたび勘違いされ、それを見た同級生がポイチと呼び出した。それより、愛称「ポイチ」を得た。

「チームより優先するものはない」というのはサンフレッチェの哲学なので、チーム一丸となって、組織で戦って初めて結果を出せることを考えられるキャラクターを持った選手を取ってきてもらうようにはしています。

サンフレッチェはチーム一丸となって組織力で戦うチームなので、もちろん個が強くなければいけませんが、お互いに支えあってゲームをして結果を出していくことが必ずできますと森 保一を言った。

Jリーグの伊東輝悦

Jリーグに所属している伊東輝悦は新天地をブラウブリッツ秋田に求めた。記者に聞かれると、不惑を過ぎたベテランMFは苦笑いを浮かべながらも、充実感を漂わせた。

J1で出場選手の中で、J創世記から活躍した伊東は在籍した清水を2010年に離れると、甲府を経て、14年に長野に移籍し、J3に活躍の場を移した。長野での2年間のリーグ戦の出場は通算11試合にとどまった。そして15年オフに長野から契約満了が伝えられた。突き付けられた現実。ただ、41歳の選択肢に「引退」という二文字はなかった。

伊東は「面白いからですよ。プレーするのが。ただこればっかりはプレーする場所を与えてくれないと出来ないことなので、こういう機会を与えてくれたブラウブリッツには感謝しかないですけど。サッカーなのでしんどいことも多いですけど、基本的にはやっぱり面白いから」と言った。

何が伊東をピッチに向かわせるのか。「面白いからですよ」。返ってきた答えは単純明快だった。