日本代表2016ユニフォーム ホーム「JFA Shop」で販売開始

2016シーズン日本代表ユニフォームホームは2015年11月12日に発表されました。サプライヤーは「Adidas」です。

新ユニフォームのテーマは「調和」で、日本代表史上一番濃いブルーを基調にして11本の線とサポーターを表す12本の線が入ります。11本の線はフロントの11人の個性を表します。日本代表のシンボル「八咫烏」の羽は後ろ襟にプリントされます。左胸には八咫烏のエンブレムが付きます。

2016シーズン日本代表ユニフォームは今「JFA Shop」で販売されます。自由に背番号と名前をマーキングすることができます。

日本代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

アビスパ福岡 2016 新ユニフォーム ホーム 発表

2016シーズンのアビスパ福岡新ユニフォームは発表しました。サプライヤーは「Athleta」で、胸スポンサーは「福岡地所株式会社」です。

ホームユニフォームは前のシーズンと同じ透かし柄のグラデーションを採用し、ユニフォームはネイビーを基調し、上部から下部のストライプを採用し、勝利への情熱をどんどん表現されます。襟には藤色を採用し、背中には透かしでクラブエンブレムがあります。

アビスパ福岡 ユニフォーム は【JFA Shop】で販売しています。

アビスパ福岡 2016 新ユニフォーム ホーム

ジュビロ磐田2016新ユニフォーム 半袖 発表

2016シーズンジュビロ磐田ユニフォームは発表しました。サプライヤーは「Puma」で、胸スポンサーは「YAMAHA」です。

ホームユニフォームはブルーと青のグラデーションで、襟と袖口にはホワイトが使用されます。右胸と袖には「Puma」のロゴがあります。背中裾のスポンサーは「ゼンウェルオーダード株式会社」に決めました。ゼンウェルオーダード株式会社は磐田市で機械装置を製作・販売している会社です。

ジュビロ磐田 ユニフォーム は【JFA Shop】で販売しています。

ジュビロ磐田2016新ユニフォーム 半袖

2016シーズン横浜FC ユニフォーム「エンブレムへの想い」を発表

2016シーズン横浜FC 新ユニフォームというと、「エンブレムへの想い」としたネーマが目の前に来る。

厳しいシーズンとなった2015シーズンをもとに、クラブの持続的な発展のため、新ユニフォームはどんな時も諦めずに勝利を目指して挑戦し続ける強い気持ちを表現しました。

「SPASSY(スパッシー)」を採用したユニフォーム素材は着心地とか吸水速乾という高機能素材と言われます。

2016シーズンのユニフォームは見たようにスリム型のシルエットで、試合中の様々なストレスから選手を開放するためです。

前番号は右胸に入り、背番号には横浜FCのエンブレムが入るオリジナルナンバーです。番号のデザインはユニフォームのシルエットなどを考慮して、シンプルなカラー・フォントを決めました。

選手と共に戦うクラブメンバーの位置づけや意思を表すクラブメンバーロゴが2015と同じ、身ごろの内側(首元辺り)に付けます。

シンプルながら横浜FC選手が身にまとい新ユニホームを着て、根底にある熱い気持ちを凝縮して、2016シーズンを迎えに来ます!

横浜FC ユニフォーム 2016は【JFA Shop】で販売しています。

2016シーズン横浜FC ユニフォーム

浦和レッズ ユニフォーム 2016 ホーム&アウェイー 半袖 販売

2016シーズン浦和レッズ 新 ユニフォームは2016年1月13日に発表しました。サプライヤーは「Nike」となり、胸スポンサーは相変わらず「ポラス(POLUS)」です。

浦和レッズのホームは2015シーズンと同じレッド色を使用し、熱情が噴き上げる精神が伝え、クラブ最初が使用したボーダー模様も今回のユニフォームに採用します。胸の前にはブラックをバック色で、「ポラス(POLUS)」英字がプリントされます。襟にはホワイトとブラックのストライプボーダーを採用します。

アウェイはホワイトを基調として使用し、赤色のラインは袖口に配置します。胸スポンサーは「三菱自動車工業株式会社」に変更します。

浦和レッズ  ユニフォーム 2016は【JFA Shop】で販売しています。

浦和レッズ ユニフォーム 2016 ホーム