Jリーグの伊東輝悦

Jリーグに所属している伊東輝悦は新天地をブラウブリッツ秋田に求めた。記者に聞かれると、不惑を過ぎたベテランMFは苦笑いを浮かべながらも、充実感を漂わせた。

J1で出場選手の中で、J創世記から活躍した伊東は在籍した清水を2010年に離れると、甲府を経て、14年に長野に移籍し、J3に活躍の場を移した。長野での2年間のリーグ戦の出場は通算11試合にとどまった。そして15年オフに長野から契約満了が伝えられた。突き付けられた現実。ただ、41歳の選択肢に「引退」という二文字はなかった。

伊東は「面白いからですよ。プレーするのが。ただこればっかりはプレーする場所を与えてくれないと出来ないことなので、こういう機会を与えてくれたブラウブリッツには感謝しかないですけど。サッカーなのでしんどいことも多いですけど、基本的にはやっぱり面白いから」と言った。

何が伊東をピッチに向かわせるのか。「面白いからですよ」。返ってきた答えは単純明快だった。