Jリーグのサンフレッチェ広島森保一監督

Jリーグのサンフレッチェ広島を率いる森保一監督は、指揮官として就任する四年間で、サンフレッチェ広島はJリーグを3度制覇している。

森保一は、日本元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。出身地は長崎県長崎市。長崎日本大学高等学校で卒業した。元日本代表。

高校時代に試合に出ていたころ、公式記録などで「森 保一」とたびたび勘違いされ、それを見た同級生がポイチと呼び出した。それより、愛称「ポイチ」を得た。

「チームより優先するものはない」というのはサンフレッチェの哲学なので、チーム一丸となって、組織で戦って初めて結果を出せることを考えられるキャラクターを持った選手を取ってきてもらうようにはしています。

サンフレッチェはチーム一丸となって組織力で戦うチームなので、もちろん個が強くなければいけませんが、お互いに支えあってゲームをして結果を出していくことが必ずできますと森 保一を言った。